後遺障害が残ったらある場合

任意自動車保険とは違って、自賠責保険では対人賠償保険の補償内容が予め

 

決まっています。交通事故によって人に怪我をさせてしまったり、死亡させてしま

 

った場合に支払われる保険金が支払われます。保険金が支払われない場合は、

 

被害者のほうから加害者が加入している自賠責保険の会社に請求をすることもで

 

きます。

 

保険金の中身は、まず後遺症が残らない怪我の場合は、治療費や文書料、休業

 

損害、そして慰謝料が最高120万円までが支払われます。後遺障害が残るような

 

大きな怪我をさせてしまった場合は、後遺症の程度によって支払われる保険金額

 

が違ってきます。常時介護が必要なほどの重度な後遺症が残った場合は、最高

 

4,000万円までの保険金が支払われます。また、随時介護が必要な場合は、最

 

高3,000万円までの保険金が支払われます。この中には治療費や介護費の他

 

に、逸失利益が含まれます。また、障害の程度により保険金の限度額が第1級の

 

最高3,000万円~第14級の最高75万円までと変わってきます。この障害等級に

 

関しては、医師の認定が必要です。さらに死亡させてしまった場合は、最高

 

3,000万円までの保険金が支払われます。この中には葬儀費や逸失利益なども

 

含まれます。