死亡してしまったとき

車を運転していれば、誰でも事故を起こしてしまうリスクがあります。ケガをさせてしまっただけでも大変なことですが、被害者が死亡してしまった場合は、本当に償いようがありません。せめてもの償いが賠償金を支払うということですが、自賠責保険だけしか加入していないと、その賠償金もきちんと支払うことができなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

自賠責保険では、被害者が亡くなってしまったとき、最高で3000万円までが支払われます。この3000万円の中には、慰謝料、葬儀費、そして逸失利益などが含まれています。葬儀費などはそれほどでもないかもしれませんが、逸失利益は多額になる場合が少なくありません。これはもし被害者が生きていたならばどのくらいのお金を得ることができたかを計算したものですが、普通のサラリーマンの生涯賃金は2億円程度と言われています。もし、もっと収入のある人が被害者であれば、さらに増えることになります。そうなると、とても自賠責の保険金3000万円だけではカバーしきれないことがわかります。自賠責ではカバーしきれない分を補うために、任意の自動車保険があります。任意保険は強制ではありませんが、加入するのが車を運転するものの責任として加入すべきものと考えるべきでしょう。