損害別の支払限度額について

自賠責保険では、事故の際に被害者が受けた傷害などに対して金銭による補償

 

が行われます。

 
支払われる金額は被害者が受けた損害を計算して決定されますが、補償内容ご

 

とにそれぞれ金額の上限が定められています。

 
傷害に対する補償は被害者一人につき120万円が限度となっており、入院など傷

 

害の治療にかかった費用や、事故の発生によって失われた収入、事故によって受

 

けた精神的・肉体的な苦痛に対する慰謝料、交通事故証明書などの発行にかか

 

った費用などが対象となります。

 

 

後遺障害に対する補償は後遺症の程度によって等級が分けられ、それによって

 

それぞれ限度額が異なります。

 
最も重い等級では被害者一人につき4000万円、最も軽い等級では75万円と

 

なっています。

 
補償の対象は、後遺症がなければ得られたはずの利益や事故についての慰謝

 

料などです。

 
被害者の死亡した場合の補償は被害者一人につき3000万円が限度となってお

 

り、葬儀費用や、被害者が死亡しなければ得られたはずの利益、被害者本人や

 

遺族に対する慰謝料などが補償の対象となります。

 
ただし、事故の発生について被害者側にも重大な過失があったと認められる場

 

合、上記の限度額が引き下げられたり、支払いの対象とならないこともあるので注

 

意が必要です。