被害者が他人でない場合

通常、自動車等の車両で運転している際に事故などでケガや最悪人を死なせてしまった場合、自賠責保険より保険金が支払われるのですが、事故の性質や状況によっては保険金が支払われないケースが往々にしてあります。
保険金が支払われない条件はいくつかあるのですが、その条件の中でも被害にあった人が他人ではないというケースがあります。
これは、仮に事故に遭遇した被害者が所有している車両を友人等の他人が運転しており且つ、その車両に同乗している際に自損事故等で同乗者である本人が怪我や死亡事故に遭遇したとしましょう。
この場合、いくら他人が運転していたとしても、その車両の所有者はあくまでも被害にあった本人ですし、更にその車両に同乗していたのですから、本人が所有する車両で怪我や死亡事故に遭遇したとみなされますので他人扱いにはならず保険金は支払われない事になります。重要なのは他人が運転しているその車両の持ち主が同乗しているという点にあるのです。
被害に遭われた方にとっては何とも踏んだり蹴ったりなケースではありますが、こういう事故に遭遇しない又はさせない為にも他人に自分が所有する車両を運転させ、かつ同乗する際には安全運転を行うよう運転者に徹底させる事が大事です。