自損事故の場合

自賠責保険で賠償される対象はあくまで他人に被害を与えた場合のみ適用されます。

 

つまり、以下で説明するような事故を起こしてしまった場合自賠責保険では賠償されません。

 

まず、自らガードレールや崖から落ちたような事故の場合、誰がケガや死亡をしたかによって自賠責保険の適用が変わってきます。

 

運転車自身がケガや死亡した場合は自賠責保険の賠償の対象にはなりません。ただし、他に搭乗者がおりその方が死亡またはケガをした場合は補償の対象となります。

 

ちなみに、この他人というのはあくまで運転者以外ということになるため、親兄弟等の家族が被害にあった場合も適用されます。

 

また、車対車の事故であっても例えば、センターラインをはみ出して対向車と衝突したり、信号待ちしてる車に後ろから追突したといった場合のような、過失が一方の運転車にある事故もあります。

 

この場合、相手の運転車がいても相手が過失がゼロならばたとえ運転車が死亡したり、ケガをしたとしても相手の自賠責保険からの賠償されることはありません。

 

そのため、これらの事故での被害を補償するためには任意保険による自損事故保険に加入しておく必要があります。

 

これは運転車自身に対する最低限の保険のため限度額も低いものとなっています。