加害者にまったく責任がない場合

車を所有する場合、必ず自賠責保健に加入しなければなりません。そして万一、事故を起こした場合、その中から保険金が支払われることになります。ところで、交通事故が起き、相手方に大きな怪我を負わせたり、死亡させたりした場合でも、保険金が支払われないことがあります。

たとえば、全く事故の責任がないことが立証された場合です。自動車事故というのは常に加害者に責任があるわけではありません。また、被害者を救済するために自賠責保険があるわけでもありません。ですから、被害者側の方に100%過失がある場合などは、自賠責保険から保険金が支払われないのです。具体的なケースをあげると、被害者が信号無視をしたために事故が発生したケースや、被害者がセンターラインをオーバーしたために事故を発生したケース、さらには居眠りなどで被害者が追突し、死傷したケースなどです。

またこの他にも、被害者が他人ではなく、家族である場合や駐車していた自分の車で子どもがぶつかって怪我をした場合、さらには、自分の不注意で自損事故を起こした場合なども保険金が支払われることがありません。このようなケースをカバーするためには、任意自動車保健に加入する必要があります。”