Author Archive

後遺障害が残ったらある場合

任意自動車保険とは違って、自賠責保険では対人賠償保険の補償内容が予め

 

決まっています。交通事故によって人に怪我をさせてしまったり、死亡させてしま

 

った場合に支払われる保険金が支払われます。保険金が支払われない場合は、

 

被害者のほうから加害者が加入している自賠責保険の会社に請求をすることもで

 

きます。

 

保険金の中身は、まず後遺症が残らない怪我の場合は、治療費や文書料、休業

 

損害、そして慰謝料が最高120万円までが支払われます。後遺障害が残るような

 

大きな怪我をさせてしまった場合は、後遺症の程度によって支払われる保険金額

 

が違ってきます。常時介護が必要なほどの重度な後遺症が残った場合は、最高

 

4,000万円までの保険金が支払われます。また、随時介護が必要な場合は、最

 

高3,000万円までの保険金が支払われます。この中には治療費や介護費の他

 

に、逸失利益が含まれます。また、障害の程度により保険金の限度額が第1級の

 

最高3,000万円~第14級の最高75万円までと変わってきます。この障害等級に

 

関しては、医師の認定が必要です。さらに死亡させてしまった場合は、最高

 

3,000万円までの保険金が支払われます。この中には葬儀費や逸失利益なども

 

含まれます。

ケガをしてしまったら

交通事故の場合、人に対する補償は、まず、自賠責保険から支払われます。自賠責保険の限度額は、死亡した場合は、3,000万円
、ケガを負った場合は、120万円、後遺障害を負った場合は、程度に応じて75万円~3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円になっています。
まず病院に通うのに、治療費がかかります。入院、手術をしないといけないような場合だとなおさらです。ある保険会社のデータによると、入院時の自己負担額は1日平均13,217円かかります。 治療費の他にも、食事代や家族の交通費など諸雑費も必要となります。 個室を希望された場合などは、差額ベッド代もかかりますので、その分も準備しておく必要があります。
また、自営業やサラリーマンなどの人が、治療のため、休業を余儀なくされ、その間収入を得ることができなかった場合は、休業損害も発生してきます。これらが、自分の責任でない場合は、加害者から賠償されたり、慰謝料を請求することも出来るため、問題ありませんが、自らの責任の場合は、そうもいきません。
もし、加害者になってしまった場合これらの負担が一気にのしかかってきます。また、対物は、自賠責からは、出ません。これらのリスクを回避するために保険に加入して備えておくことが必要です。

死亡してしまったとき

車を運転していれば、誰でも事故を起こしてしまうリスクがあります。ケガをさせてしまっただけでも大変なことですが、被害者が死亡してしまった場合は、本当に償いようがありません。せめてもの償いが賠償金を支払うということですが、自賠責保険だけしか加入していないと、その賠償金もきちんと支払うことができなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

自賠責保険では、被害者が亡くなってしまったとき、最高で3000万円までが支払われます。この3000万円の中には、慰謝料、葬儀費、そして逸失利益などが含まれています。葬儀費などはそれほどでもないかもしれませんが、逸失利益は多額になる場合が少なくありません。これはもし被害者が生きていたならばどのくらいのお金を得ることができたかを計算したものですが、普通のサラリーマンの生涯賃金は2億円程度と言われています。もし、もっと収入のある人が被害者であれば、さらに増えることになります。そうなると、とても自賠責の保険金3000万円だけではカバーしきれないことがわかります。自賠責ではカバーしきれない分を補うために、任意の自動車保険があります。任意保険は強制ではありませんが、加入するのが車を運転するものの責任として加入すべきものと考えるべきでしょう。

損害別の支払限度額について

自賠責保険では、事故の際に被害者が受けた傷害などに対して金銭による補償

 

が行われます。

 
支払われる金額は被害者が受けた損害を計算して決定されますが、補償内容ご

 

とにそれぞれ金額の上限が定められています。

 
傷害に対する補償は被害者一人につき120万円が限度となっており、入院など傷

 

害の治療にかかった費用や、事故の発生によって失われた収入、事故によって受

 

けた精神的・肉体的な苦痛に対する慰謝料、交通事故証明書などの発行にかか

 

った費用などが対象となります。

 

 

後遺障害に対する補償は後遺症の程度によって等級が分けられ、それによって

 

それぞれ限度額が異なります。

 
最も重い等級では被害者一人につき4000万円、最も軽い等級では75万円と

 

なっています。

 
補償の対象は、後遺症がなければ得られたはずの利益や事故についての慰謝

 

料などです。

 
被害者の死亡した場合の補償は被害者一人につき3000万円が限度となってお

 

り、葬儀費用や、被害者が死亡しなければ得られたはずの利益、被害者本人や

 

遺族に対する慰謝料などが補償の対象となります。

 
ただし、事故の発生について被害者側にも重大な過失があったと認められる場

 

合、上記の限度額が引き下げられたり、支払いの対象とならないこともあるので注

 

意が必要です。

自動車の運行中でない場合

自賠責保険の支払いは、被害者保護の観点から一般的な車の運転と通常に考えられるものよりも広く考えられており、それを運行中の事故として、賠償するとされています。

 

運転中ではないところが重要です。たとえばミキサー車のミキサーの回転による事故や、フォークリフトのフォークの操作などによる事故も運転しているとはいえない状況と操作であっても運行と見なされ自賠責保険の補償の対象になります。さらにドアの開閉、牽引走行中の事故、またサイドブレーキのゆるみから坂道を無人で走り出しての事故鉄筋の積み下ろしの際に歩行者に怪我を負わせたなども運行中と見なされます。

 

それに対して見なされないケースは、農薬散布中のホースに躓いて転倒したケガの場合や、移動図書館で転倒して怪我をした場合、駐車中の社内で幼児が熱射病になって死亡した場合、故障で路上に駐車中に原付自転車に追突された事故などです。いずれも自動車の固有の装置ではなく、運行と因果関係がないことから運行中ではないとされています。また駐車中の車に遊んでいる子どもがぶつかって死傷した場合も運行中ではないとされます。このように何が運行で何がそうでないかは判断が難しく一概には言えないといえます。

被害者が他人でない場合

通常、自動車等の車両で運転している際に事故などでケガや最悪人を死なせてしまった場合、自賠責保険より保険金が支払われるのですが、事故の性質や状況によっては保険金が支払われないケースが往々にしてあります。
保険金が支払われない条件はいくつかあるのですが、その条件の中でも被害にあった人が他人ではないというケースがあります。
これは、仮に事故に遭遇した被害者が所有している車両を友人等の他人が運転しており且つ、その車両に同乗している際に自損事故等で同乗者である本人が怪我や死亡事故に遭遇したとしましょう。
この場合、いくら他人が運転していたとしても、その車両の所有者はあくまでも被害にあった本人ですし、更にその車両に同乗していたのですから、本人が所有する車両で怪我や死亡事故に遭遇したとみなされますので他人扱いにはならず保険金は支払われない事になります。重要なのは他人が運転しているその車両の持ち主が同乗しているという点にあるのです。
被害に遭われた方にとっては何とも踏んだり蹴ったりなケースではありますが、こういう事故に遭遇しない又はさせない為にも他人に自分が所有する車両を運転させ、かつ同乗する際には安全運転を行うよう運転者に徹底させる事が大事です。

自損事故の場合

自賠責保険で賠償される対象はあくまで他人に被害を与えた場合のみ適用されます。

 

つまり、以下で説明するような事故を起こしてしまった場合自賠責保険では賠償されません。

 

まず、自らガードレールや崖から落ちたような事故の場合、誰がケガや死亡をしたかによって自賠責保険の適用が変わってきます。

 

運転車自身がケガや死亡した場合は自賠責保険の賠償の対象にはなりません。ただし、他に搭乗者がおりその方が死亡またはケガをした場合は補償の対象となります。

 

ちなみに、この他人というのはあくまで運転者以外ということになるため、親兄弟等の家族が被害にあった場合も適用されます。

 

また、車対車の事故であっても例えば、センターラインをはみ出して対向車と衝突したり、信号待ちしてる車に後ろから追突したといった場合のような、過失が一方の運転車にある事故もあります。

 

この場合、相手の運転車がいても相手が過失がゼロならばたとえ運転車が死亡したり、ケガをしたとしても相手の自賠責保険からの賠償されることはありません。

 

そのため、これらの事故での被害を補償するためには任意保険による自損事故保険に加入しておく必要があります。

 

これは運転車自身に対する最低限の保険のため限度額も低いものとなっています。

加害者にまったく責任がない場合

車を所有する場合、必ず自賠責保健に加入しなければなりません。そして万一、事故を起こした場合、その中から保険金が支払われることになります。ところで、交通事故が起き、相手方に大きな怪我を負わせたり、死亡させたりした場合でも、保険金が支払われないことがあります。

たとえば、全く事故の責任がないことが立証された場合です。自動車事故というのは常に加害者に責任があるわけではありません。また、被害者を救済するために自賠責保険があるわけでもありません。ですから、被害者側の方に100%過失がある場合などは、自賠責保険から保険金が支払われないのです。具体的なケースをあげると、被害者が信号無視をしたために事故が発生したケースや、被害者がセンターラインをオーバーしたために事故を発生したケース、さらには居眠りなどで被害者が追突し、死傷したケースなどです。

またこの他にも、被害者が他人ではなく、家族である場合や駐車していた自分の車で子どもがぶつかって怪我をした場合、さらには、自分の不注意で自損事故を起こした場合なども保険金が支払われることがありません。このようなケースをカバーするためには、任意自動車保健に加入する必要があります。”

 

保険金が支払われないケースとは

常日頃、自分が運転している専用の車がある方は、運転中に何かしらの事故が、

 

起こってしまった時のことを考えて、その補償が効くように、誰もが、任意の自動車

 

保険に加入しているものです。各社とも、保険の内容は同じようであっても、加入

 

する時の内容を、細かく選んで、設定できる保険会社が多くなりました。

 

こうして、折角自動車保険に加入していても、いざ事が起こってしまった場合に、

 

頼みの綱であった、保険金が支払われない、といった状況になる場合があるので

 

す。その内容の中には、麻薬のようなものを使用していたり、或は、飲酒運転が適

 

用されます。それについては既に、保険に加入する際に、注意書きで謳ってある

 

ことであり、当人は、それを承知した上での加入となっています。

 

それ以外にも、何の補償も適用されなくて、支払われないという、状況が発生する

 

ことがありあます。例えば、それは天災が起こってしまった時に、津波などが発生

 

することがあり、それで自分の車が、押し寄せた津波に、持って行かれたといった

 

場合などです。通常加入の内容の中には、車自体の損害に掛ける保険がありま

 

すが、それも適用外となってしまいます。

 

大事な車が、水の底になってしまっても、それに対しての補償が、効かなくなって

 

しまうのです。