支払限度額について詳しく知ろう

自動車保険には、保険会社による任意保険と自賠責保険があります。自動車損害賠償保障法により、全ての運転者に加入が義務付けられている自賠責保険は、自動車事故が起きた際の被害者の救済が目的で設定されている保険で、正式には自動車損害賠償責任保険といいます。この自賠責保険により、被害者は最低限の補償を得る事ができます。自賠責保険には、損害保険会社が取り扱うものや共済組合が取り扱う自賠責共済がありますが内容は同じものです。自賠責保険の範囲は、加入者が自動車やバイクを運転していて事故を起こした際、被害者に怪我を負わせたり死亡事故になった際の対人賠償と呼ばれる補償です。物損についてはは対象外となっています。 この保険の特徴として特筆するべき事は、任意保険では加害者が保険請求をするのに対して、被害者が加害者が加入している保険会社などに直接保険金を請求できるという点に有ります。また、保険額について確定する前においても、被害者が、保険額確定の前の被害者の当面の出費を賄うための仮渡金を請求できる点も任意保険とは異なる点です。ただ、最低限の保障という意味で、一件の事故において被害者が複数いる際でも、被害者の1名あたりの支払限度額は決まっているという制限があり、十分な調査が必要です。

af9920062037l